うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

サーバ管理パネル webmin / virtualmin

自分用では使う気ないけど、cliで設定変更苦手っていう人がいたので使ってみた。初めてwebmin触ったのは5年前ぐらいなんだけどWebUIがちょっと小奇麗になってますね。

webmin

install

tar.gzを展開してsetup.shを実行

# ./setup.sh /path/to/install/dir

configのpath、userなどを聞かれるので適当に入力。

管理対象のconfig場所

例えばapacheとかはrpmで入れないと認識してくれない? /usr/local/webmin/apache/config-redhat-linuxhttpd.conf, httpdのpathが書いてるのでこの辺を編集すればソースインストールしたものも変更できる??

と思ってたら、Webからモジュールの設定変更すればhttpd.confのpath変更できたわ。

virtualmin

web/mailの仮想ドメインの追加をwebから設定するwebminのpluginみたいなもん。

install
# wget http://software.virtualmin.com/gpl/scripts/install.sh
# chmod +x install.sh
# ./install.sh

OSにあったvirtualminのrpmパッケージをDLしてinstallしてくれる。あと依存してるパッケージ(apache, postfix, bindなど)も勝手に入る。


webminへのpluginのような感じなのでvirtualmin単体では動かないぽい。

virtualminの日本語化
# wget http://sourceforge.jp/projects/wmjaresource/svn/view/virtualmin/ja_JP.UTF-8
# mv ja_JP.UTF-8 /usr/libexec/webmin/virtual-server/lang