うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

netapp で lock status を確認

lock status で。

netapp> lock status -p nlm
netapp> lock status -p host

など。

lock されているファイルを特定する

まあまあ面倒だけど。

netapp> lock status -p nlm
NLM[srvXX,28106]: 0:0 1 GRANTED (0x95a136e8) type=excl to-end modify
coalesce bytelock  fsid=0x0a09b6b5 fileid=0x0000129f 

"fsid=0x0a09b6b5 fileid=0x0000129f" このfileを調べる。

fsidを特定する

fsidはvolume のidなので、exportしている状況からもわかるけど。
netappで特定するならadvancedモードになって、read_fsid でvolume のidをひとつずつ調べて一致するか比較する。

## df, vol status などでvolume一覧を確認しておく
netapp> priv set advanced
netapp*> vol read_fsid vol0
Volume 'vol0' has an FSID of 0x55a06d.
source*> vol read_fsid test_vol
Volume 'test_vol' has an FSID of 0xa09b6b5. ## <--- fsidは test_volと判明
fileidを特定する

fileid 16進数で表記されたinodeなので、適当に10進数に変換する。

$ perl -le 'print 0x0000129f'
4767

あとは test_vol から inode 4767 のファイルをさがす。find -inum とかls -li とかで。

lock を 解除する

lock break で。