うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

YAPC::Asia 2009に参加してきました

カンファレンスの内容などはgihyo他いろんなところで詳細にまとめられているので割愛。

感想

今年で3年連続の参加になりました。内容が深すぎてついていけないセッションが多々ありましたが、参考になったものもたくさんあって、参加できて良かったです。ただ、3年も参加しといてなんだけど、自分のperlレベルがしょぼいのに恐れ多くも参加しちゃって良いんだろうか、とか毎年思ってしまいます。Perlでアプリケーションを作っているわけでもなく、サーバのログをcronでごにょごにょしたり、内部向けの簡単なcgi作る程度なんで。
いつもはblog上で読むことしか出来ない某CTOやら某エロい人とか、会って話してみたい人がそこら中に居てワクワクしてるんだけど、お前みたいなやつが気軽に来てんじゃねーよゴルァとか怒られたらどうしようとか。懇親会行きたいけどひとりでアワアワしてるだけになりそうでいけねー!みたいな。*1
とか言ってるけど、自分の性格が問題なだけで実際のところはすごくオープンな雰囲気で不安がることは全くないんですが。tokuhiromさんもこんな風に言ってくれてるし。もっと積極的に参加すればいいのですね!

※ あとではてダ見てたら、同じようなこと仰ってる方が居てなんかほっとしたw (違ってたらすいません><)

*1:どっちみち今年はスケジュールの都合で懇親会は行けなかったけど