meadowカスタマイズ

とりあえずUnicodeを使えるようにする。これまた上のサイトを参考にして、Mule-UCSを取ってくる。解凍してload-pathが通ってるディレクトリにぶっ込む。(lispとかsite-lispとか)

バイトコンパイル

次にバイトコンパイルするためにDOS窓起動。

cd (Mule-UCSのディレクトリ)
meadow -q --no-site-file -batch -l mucs-comp.el
cd lisp/jisx0213
meadow -batch -q --no-site-file -l x0213-comp.el
cd ../big5conv
meadow -q --no-site-file -batch -l big5-comp.el

最後のはコンパイルせんでいいかも??無事出来たら、次のを.emacsとかに追記。set-language-environmentの前じゃないとダメらしい。

(require 'un-define)
(require 'jisx0213)
(set-language-environment "Japanese")