読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

古いlinux(fedora core、centos)をp2vする

linux

mdadmを使っているためvmware converterが使えなくて、ssh+tarでp2vする場合の注意点。

参考: http://hogem.hatenablog.com/entry/2016/02/12/233000

inode size

移行先の仮想マシンで何も考えずにmkfsしてinode sizeが256になっていると、
移行元のgrubのバージョンが古いためgrubが入らない。
mke2fsでinode size 128でmkfsしておく。

http://kb.kristianreese.com/index.php?View=entry&EntryID=113

mke2fs -L / -I 128 -F -j -O dir_index /dev/sda1

modprobe

ドライバが古いから/dev/sdaを認識できない場合
http://www.vcdx.nl/2012/11/06/kernel-panic-not-syncing-attempted-to-kill-init/
/etc/modprobe.conf

alias scsi_hostadapter mptbase
alias scsi_hostadapter1 mptscsi
alias scsi_hostadapter2 mptscsih
alias scsi_hostadapter3 mptfc
alias scsi_hostadapter4 mptspi
alias scsi_hostadapter5 mptsas

からmkinitrdする。