読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

RHEL6/CentOS6 nfsサーバ /etc/hosts.allow memo

linux

nfs v3でmountする場合はmountdの許可が必要。
プロセス名はrpc.mountdだけど、なぜかhosts.allowへの記述はmountdじゃないとダメだった。

バージョンが不明だけど
http://nfs.sourceforge.net/nfs-howto/ar01s03.html
ここを見ると

rpcbind: 192.168.0.
lockd: 192.168.0.
rquotad: 192.168.0.
mountd: 192.168.0.
statd: 192.168.0.

こう書いてあったので(ここもrpc.mountdではなくてmountdだ) lockd, rquotad, statd も足したほうが良いかも。

server, clientともにRHEL6で試した場合、
実際のmount、動作に影響があったのは

  • nfs v4の場合、hosts.allow の記載必要なし
  • nfs v3の場合、rpcbind, mountd

だった。