うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

extファイルシステムの拡張属性

  • man chattr
  • man lsattr

例えば rootでも変更・削除できないファイルを作成するには、chatt +i で'i' immutable属性を設定すればいい、ということは知ってたんだけど、気になったので他の属性も見てみた。

互換性があるので、ext2, ext3, ext4でも可能。ext 固有の属性なのでxfsなどでは使えない。

# touch /tmp/hoge
# lsattr /tmp/hoge
------------- /tmp/hoge
# chattr +i /tmp/hoge
# lsattr /tmp/hoge
----i-------- /tmp/hoge
# /bin/rm -f /tmp/hoge
/bin/rm: cannot remove `/tmp/hoge': 許可されていない操作です
# ls -l /tmp/hoge
-rw-r--r-- 1 root root 0  2月 11 10:13 /tmp/hoge
# chattr -i /tmp/hoge
# lsattr /tmp/hoge
------------- /tmp/hoge
# /bin/rm -f /tmp/hoge

man chattr抜粋
一部の属性の設定・変更はroot権限 or CAP_LINUX_IMMUTABLEケーパビリティが必要。

The letters `acdeijstuADST' select the new attributes for the files:
  追加のみ許可 append only  (a)
  アクセス時にkernelによって自動的に圧縮・展開される compressed  (c) *
  dumpコマンド時にdumpしない no dump  (d)
  extent format (e)
  変更不可 immutable (i)
  data journalling (j)
  安全な削除 secure deletion (s) *
    (削除時にブロックの中身が0になる)
  no tail-merging (t)
  復活可能 undeletable (u) *
  アクセスされてもatimeを更新しない no atime updates (A)
    (like: mount noatime option)
  更新時にディスクに同期する synchronous directory updates (D)
    (like: mount dirsync option)
  同期更新 synchronous updates (S)
    (like: mount sync option)
  
  top of directory hierarchy (T).

The following attributes are read-only and may be listed by lsattr(1) but not modified by chattr:
  huge file (h)
  compression error (E)
  indexed directory (I)
  compression raw access (X)
  compressed  dirty  file (Z)

'*'の項目は、manの最後に、現在のkernel上のext2, ext3では'c', 's', 'u' は実装されていないと書いてる

chattrで設定した拡張属性はls -l では表示されずlsattrを使わないと確認できないので、設定したことを忘れてしまうと 、"rootでもファイル消せん!なんでや!"ということになってしまうので使用には注意。

色々あるけど、ぱっと見た感じ使いそうなものは

  • A アクセスされてもatimeを更新しない
  • a 追加のみ許可
  • i 変更不可

ぐらいかな。

追記

d フラグ立てても、dump時にちゃっかりdumpされているような気が。。。