うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

RHEL/CentOS にrpmforge, epel, remiリポジトリ追加

redhat/centos の標準のリポジトリでは物足りないので、EPELとRPMForgem, REMI の力を借りましょう。信頼性についてはようわからんので、神経質になるようなサーバではやめといたほうがいいかも。

yum update等を実行したときに余計なものまでうっかり上げないように、install 後に標準では利用しないようにenabled = 0に設定しとく。

使いたいときにyum install --enablerepo=epel,rpmforge, remi のように使う。

# rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el5/en/x86_64/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.x86_64.rpm
# sed -i 's/enabled = 1/enabled = 0/g' /etc/yum.repos.d/rpmforge*

# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
# sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/yum.repos.d/epel*

# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/remi/x86_64/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm
# sed -i 's/enabled=1/enabled=0/g' /etc/yum.repos.d/remi*
  • 32bit OSの場合はx86_64のところをi386
  • wgetで取ってきてる*-release のversionは適宜最新版を選ぶ

追記

epelのdownload.fedora.redhat.com のDNSが消えていた。dl.fedoraproject.org に変わったらしい?

  • epel
# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm