うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

drbd 8.3.6をsourceからinstall

8.3.6からconfigureスクリプトが追加されて、少し手順が変わったずら。


drbdをカーネルモジュールとしてinstallする手順メモ。

build

カーネルモジュールとしてbuildする場合は--with-kmが必要。drbd.confやheartbeatと連携するときのdrbddiskを/etc以下にする場合は--sysconfdir=/etcも指定。(従来のdrbdだとmake && make installで/etcに入ってた気がする)

$ tar zxvf drbd-8.3.6.tar.gz
$ cd drbd
$ ./confiugre --with-km --sysconfdir=/etc
$ make clean all
$ su 
# make install

moduleのload

make installだけじゃdrbd.koを読んでくれないようす。前のversionのときはここまでしてくれてたような。。。

# modinfo drbd
modinfo: could not open drbd: Is a directory
# modprobe drbd
FATAL: Module drbd not found.
# lsmod | grep drbd
=> 何も出ない
# ls -l /lib/modules/2.6.18-128.el5/kernel/drivers/block/drbd.ko
/lib/modules/2.6.18-128.el5/kernel/drivers/block/drbd.ko
=> fileはある

なので、depmodしてモジュールを再検索する。

# depmod -a
# modinfo drbd
=> ずらずら出てくる
# modprobe drbd
=> 正常に終了
# lsmod | grep drbd
drbd                  223520  0
=> 読み込んでる
追記

drbd 8.3.7はmake install時にdepmodまでしてくれるようになったぽい。