うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

uuencode/uudecode memo

$ uuencode hoge.txt /dev/stdout # エンコード結果を標準出力
$ uuencode -o hoge.bin hoge.txt # hoge.binに

Manpage of uuencodeいわく、

このデータには uudecode が使うファイルのアクセス権とオペランド名 name が含まれる。 name が /dev/stdout の場合、結果は標準出力に書き出される。

となってるけど、/dev/stdout以外の適当な文字列でも標準出力に出てきた。なぜだ。まぁいいや。

  • uudecode
$ uudecode -o hoge.txt hoge.bin  # デコード結果をhoge.txtに
$ uudecode -p hoge.bin           # 標準出力に
  • ex

バイナリをメールで添付して送る。

uuencode hoge.jpg hoge.jpg | mail -s 'hoge.jpg hogehoge' to@example.com