うまいぼうぶろぐ

linuxとhttpdとperlのメモ

grubの設定memo

デスクトップのWindowsを再インストールしたわけですが、いつものようにMBRが書換えられてubuntuが起動できなくなってしまう。

grubのinstall

まずはgrubのイメージファイルをゲットする。

この辺から適当に探す。ただ、落としたイメージはファイル名が長いので、適当にリネームしないと次で失敗する。

Windowsからブート用のフロッピーを作る。

linuxだとddコマンドで出来る。Windowsはrawriteコマンドで作るらしいので、それを取ってくる。これも上のサイトにある。


2つのファイルを用意したら、コマンドプロンプト

rawrite grub.img a:

最後のa:はいらなかったかもしれない。これでブート用のフロッピーが出来上がる。

menu.listの作成

もう一枚のフロッピーにboot/grub/menu.listを作る。colinuxsamba通してコピーしたら簡単。grubが起動したら、このフロッピーを入れて

root (fd0)
setup (fd0)

で、grubの設定が完了。・・・すると思ってたのは勘違いか、やり方が間違ってたか何かで失敗。

grubから起動

わからなくなってきたので、grubから直接ubuntuを起動することに。grubシェルからmenu.list通りにコマンドを実行する。

root (hd0,2)
kernel /boot/vmlinuz-2.6.15-23-386 root=/dev/hda3
initrd /boot/initrd.img-2.6.15-23-386
savedefault
boot

(savedefaultはいらない??)無事ubuntu起動。ここで設定ファイルの間違いに気づく。
適当に修正して

# grub-install /dev/hda

grubwindowsを起動する方法

ついでなのでWindowsを起動する方法もmemoしておく。

root (hd0,0)
savedefault
makeactive
chainloader +1

savedefaultかmakeactiveした時になんか文句言われた気がするけど、とりあえず起動するのでこれでいいや。

おまけ

Windowsだけを起動するだけなら、XPのCD突っ込んで修復選び、

FIXMBR

を入力すると治る。